子供から社会人、大人に人気の趣味、習い事(ならいごと)なら東京荻窪にある和太鼓教室 龍。

和太鼓の魅力

音の魅力

誰が打っても「ドン」という音が出る和太鼓。強い音・弱い音、やさしい音・はげしい音・・・・・このように一つの「ドン」という音をとってみても色々な音があるように、1人1人の音色もまた違います。はじめのうちは、その違いに気づかないかもしれませんが、太鼓の音はその人のこころの在り方と共に変化します。和太鼓を始めたころ、とくかく夢中になって音を出すこと、打つことをしていたなぁと、こうして振り返ると思い出します。きっと、習い事として通われている生徒のみんなもそういった時期があると思います。

どうやったらもっといい音が出ますか?

よく問いかけられますね!
音に正解はありません。そう私は思います。
前にも言ったように、太鼓の音はその人のこころの在り方と共に変化すると実感しています。
それは、自分の経験をはじめ多くの方をみてきて思うことです。
すごく身近で簡単な例をあげると趣味・習い事としてやられている方でも「あっ、今日なんかいいことあったんだな」という時の音と、社会人の方であれば「会社でうまくいかなかった日」とでは、同じ人なのに聴こえてくる音が違います。

「ゆとりの中で参加できた日」と「時間に追われた1日」これも違いがあります。大人でも子供でも悩んでいる時や、例えば好きな人が出来た時、同じ人なのに音って違うんですよね。

レッスンが終わったあと、なんとなく今日は音が違ったなと思う方に少し声をかけると、やはり、私生活で何かあったということが多々あります。太鼓の話だけでなく、日常からコミュニケーションを取ることで、こころを開いて向き合える一瞬もありますね。

また、自分の例をあげると…あきらかに当時の自分と今の自分とでは年齢も重ね、パワーで言えば絶対的に当時の方が、よりあったはずなのに、今の方が圧倒的に音も大きく変化もあります。

今までの例はほんの一部にしか過ぎませんが、これが「内面的な音」の魅力だと思います。

美術品としての魅力

和太鼓という楽器そのものが、私には魅力の一つです。
和太鼓を打つなら、和太鼓のことを知りたい。そう思い続けて、その思いは現在進行形です。
どんどん追求するにつれ、皮を張ること、胴を作ること、その皮はどうなっているのか、その樹はどんな樹なのか、知っていることより知らないことの方がほとんどでした。
ほかにはない「ホンモノの太鼓打ち」になりたい!その思いからすべては始まりました。
しかし、どこもそんな簡単に伝統技術を教える訳もなく、太鼓に対する熱い思いを訴え続け、とくかく人との繋がりを大切にしてきました。そうしていく中で、皮の張り方を教えてくださった職人さん、樹について教えてくださった職人さん、一つのことを教えてもらえるまでに10年以上もかかったこともあります。それでもまだ私の中ではすべてがパーツでしかなく、そのパーツがすべて繋がるにはさらに時間がかかりました。
すべてを一貫して太鼓作りを知ることが出来た今、太鼓への思いや、太鼓の扱い、指導に対する考え方までが変わりました。
なぜなら、和太鼓のすべては自然の恵みから成り立ち、生き物のいのちをいただくことを本当の意味で知ったからです。太鼓の皮を縫いながら、この命をきちんと繋ぐ役目だと思いました。
まだまだ未熟で、磨きをかけていきたいと思いますが、演奏と同じでこれで終わりはない。そう実感しています。
しかし、ある職人の方の手さばきを見て「うゎ、美しい」と思ったことがあります。
どの工程をとっても一つ一つが綺麗で、単なる楽器ではなく「これは美術品だ」とこころから思いました。
和太鼓には、それ自体から溢れる存在感、音が生み出すちから、そんな魅力があるから人気なのだと思います。

太鼓の作り方

太鼓の作り方 制作編

締太鼓も宮太鼓も色んな大きさの太鼓があります。それに合わせて皮も色々です。
なめしの行程から完成した生皮を受け取ったとき、職人の方から初めに教わった事があります。
「よ~く顔色をみて、この牛がどんな所で育ったのか?怪我はなかったのか?そんな事まで考えてみると、この皮をどうやったら一番良い様に使えるかがわかるよ。」と・・・
初めは、さっぱりわかりませんでした。ただ、分かりたかったし、教わりたかったから、目の前に来たものに一生懸命取り組んだ。

一番の力仕事だなぁと感じたのは、太鼓を縫う作業でした。でも、一針ずつ縫うことは、自分と太鼓と向き合う最高の時間となり、これまで以上に太鼓を大切に思う様になった・・・表現が少し違うかもしれない、これまで以上にというよりは、“これまでには無いくらい”の方が正しい。
「太鼓を作って販売しよう?!」なんて事を一度も考えた事が無いからだろうか?なり振り構わず真っすぐ進んだからだろうか?情熱が伝わったのだろうか?
職人の方々は、色んな事を教えて下さいました。そして受け入れてくださいました。

初めのきっかけは、あくまで《太鼓を打つならゼロから太鼓の事を知りたい》でした。打ち手の気持ちも、作り手の気持ちもわかると、同じ指導でも中身が違う様になりました。
太鼓の製造のことは、技術ですから全部を伝える事は出来ません。でも、太鼓がどのように出来るのかは、伝えていきたいと思っています。

太鼓の作り方 修繕編

和太鼓と生活の関連性

生徒さんを見ていて分かること、生徒さんから実際に聞いたことを紹介しましょう。

「たった週に一回のレッスンなのに、すごく生活の中で太鼓の存在が大きい」
この声は、本当に多いです。
ある生徒さんには、「太鼓を始めるようになってから、もし風邪をひいても太鼓のレッスン日までには治そうと思う」と言われます。それを聞いて正直すごいなと思いましたし、嬉しかったですね。

また東京の社会人の生徒さんは大人の習い事として「職場で色々あるけど、○曜日になったら太鼓があるから!がんばれる」と趣味の枠を超えて楽しんでいることを伝えてくれます。
他にも「教室に来て太鼓を打って帰った後は、肩がすごく楽になって元気に動ける」とか「頭痛が治る、楽しくて笑ったら気分がスッキリした」などさまざまあります。この「たった週に一回」が貴重な時間なんですよね。

この教室には本当にいろ~んな思いをもって通って来られる方がたくさんです。ストレス発散はもちろん、体力をつけたい人や、昔からやってみたいと思っていたけどチャンスがなかった方が、定年後の趣味として思い切って始められたというのも少なくありません。その他、介護の合間に来られる方、夢中になれる趣味を探しておられる方、週に一度汗を流したい方・・・まだまだ、目的も、生活環境も違う方々が、いろんな思いを持って来られていることを知り、提供する時間の重要さを感じます。

週に1度のレッスンというのは日々の生活の中のほんのひと時に過ぎません。しかし、その“ほんのひと時”が少しでもより生活の潤いになれば嬉しいと思っています。生徒さんは子供から社会人の方々までいらっしゃいます。
全員の声を確認したわけではありませんが、多くの和太鼓の生徒さんが生活の中で和太鼓は大切な存在だと感じておられるようです。

和太鼓龍では、常時無料見学・入会申し込みを受け付けています。まずは下記連絡先までお気軽にどうぞ! 080-5524-6808

ページのトップへ

和太鼓教室「龍」について知る
  • 和太鼓教室 「龍」ってどんなところ?
  • こんな方にオススメ!
  • 生徒の皆さんの声をご紹介!
  • 龍サポーターズクラブ
  • 頻繁にお問い合わせを受けるご質問をピックアップしました。Q&A よくある質問
先生について知る
  • 先生ってどんな人?
  • 杉並区公式サイト 街を知り、歩みを知り、杉並の魅力再発見 すぎなみ学倶楽部
和太鼓が持つチカラ
  • 和太鼓の魅力
  • “礼に始まり、礼に終わる”礼儀作法についても大切にしています。和太鼓を通じた 子供の教育
  • スケジュール